実は間違っている目元美容方法と正しい目元美容とは?

「目は口ほどにモノを言う。」という言葉を聞いた事がありますよね。これは、目を見ればその人が嘘をついているのか、本当の事をしゃべっているのかが分かったりなど、目から本当の感情が滲み出るからです。

 

それほど目は相手に印象つけるための大事な部分なので、目元にシワがあったりシミくすみがあると、あなたの印象は悪くなってしまいます。

 

そこで、目元美容についてやってはいけない事や正しい美容法を紹介していきましょう。

 

 

なぜ目元美容という言葉はあるの?

まず、なぜそもそも目元美容という言葉があるのでしょうか?目だけ特別扱いするのには理由があります。その理由は、目の周りの皮膚を触ってみると分かります。

 

目頭や目尻、眉下、涙袋の下などを優しくつまんでみた後に、頬やアゴをつまんでみると皮膚の厚さに違いがあるのが分かるでしょうか?目元は皮膚が薄く、デリケートな部分です。そのため、刺激を感じやすくて傷つきやすい部分でもあるんです。つまり、特別扱いしてあげないと、刺激でシミやシワなどができやすい部分なんです。だから目元美容という言葉があるんです。そして傷つきやすい皮膚だからこそ、間違った目元美容を知らずにやっていると大変な事になってしまいます。

 

目元美容で間違っている事はマッサージ

良かれと思ってやっているかもしれませんが、目元のマッサージはダメです。なぜなら、先ほども言いましたが目元は皮膚が薄いからです。頬やデコルテのマッサージのような力で目元までマッサージしてしまうと、皮膚が引っ張られて傷つきます。そして、それがシワやたるみの原因になる場合もあります。

 

また、力が強すぎると肌の内部の組織が壊れてしまい、水分を保持できなくなったり血行が悪くなったりします。そうすると肌が乾燥したり、くすみになってしまったりと良い事はありません。良かれと思って目元マッサージを自己流でしているならば、今すぐに辞めましょう

 

また、パソコンやスマホの利用で目が疲れてくると、目を手で覆って皮膚をぐるぐると転がしたり、上下に皮膚を引っ張る人もいますよね。それはやると気持ちがいいんですが、目元美容にはよくありません。直ちに辞めましょう。

 

 

 

クレンジングに気を使っている?知っておきたい界面活性剤

そして、目元美容について語るためにキーワードとなるのが、界面活性剤です。美容について調べたり、勉強したりした人は知っている人もいるのではないでしょうか?本来ならば決して交わる事ない油と水を混ぜやすくするためのものです。化粧品にはよく利用されている成分ですが、肌の刺激となりうるものです。

 

界面活性剤が入っているクレンジングオイルは、油で汚れを浮かせて水で落としやすくします。そのため、多くのクレンジング剤に入っています。石油系界面活性剤や天然由来など界面活性剤にも種類がありますが、目元の薄い皮膚にとっては避けたい成分です。

 

しかし、界面活性剤が入っていないクレンジングはなかなか見つかりません。そうなると、オリーブオイルやベビーオイルでメイクオフする事になります。しかし、こういった油は水で流せず、油を拭き取ってメイクオフを何度かします。拭き取るという事は、少なからず肌の刺激にもなります。

 

そこでおすすめのクレンジングは、天然由来の界面活性剤が入っているクレンジングを利用したり、オイルではなくてクレンジングミルクジェルを利用する事です。オイルよりも肌に優しいと言われています。
アイメイクが目元に落ち残ってしまうと、それが肌に刺激となってシワや色素沈着を引き起こしやすくなります。そのため、化粧はしっかりと落として欲しいのですが、肌に優しいものを利用するというのも忘れないようにしましょう。

正しい目元美容はレンジでチンしてできる。

間違った目元美容を知ったら、じゃあ正しい目元美容はどんなものなのか気になりますよね。あれもダメ、これもダメと言われてしまうと、目元美容法って難しそう‥だなんて思っていませんか?そんな事ありません。自宅で簡単にできるんですよ。

 

目元美容のために用意するのは、おしぼりサイズのタオルやハンドタオルです。これをお湯で濡らして絞った後に、目の上におきます。または、水で濡らしてレンジでチンすると簡単に蒸しタオルができます。蒸しタオルは冷めやすいので、レンチンする時は何枚かタオルを一緒にチンし、一枚づつレンジから取り出していくのがおすすめです。

 

蒸しタオルで目元を押さえると、交感神経が働いて戦闘モード(集中している状態や活発に動いている状態)になっていた脳が副交感神経へとスイッチが代わり、リラックスします。リラックスすると、戦闘モードで凝縮していた血管が開いて血行が良くなります。さらに毛穴が開くので、蒸しタオルの後に美容液を塗ると目元美容には効果的です。

 

紫外線や乾燥から肌を守る

目元美容は1日にしてならずです。毎日の取り組みがシワやしみ、くすみ対策になっていきます。シワ、しみ、くすみ、色素沈着などの目元の悩みがどうしてできるのかというと、元をたどればそれらは全て乾燥です。肌が乾燥してしまうとバリア機能が失われて肌が傷つきやすくなってしまったり、肌が持っていた保水力が失われていきます。乾燥すれば地割れのようにシワはできてしまいますし、乾燥してバリア機能が失われてしまえばくすみや色素沈着の原因になります。そのため、肌を乾燥させない事が大事です。

 

そして「私は皮脂肌だから、乾燥しない。」というわけでもありません。皮脂は肌が乾燥しないように分泌されるものなので、本当は乾燥しているから皮脂が分泌しているという隠れ乾燥肌なのかもしれません。つまり、肌が乾燥していてもしてなくても、乾燥対策は大事なのです。

 

 

そして、その乾燥の原因となっているのが紫外線です。紫外線を浴びると肌が乾燥してしまい、シミになります。目元は皮膚が薄いので、しっかりと日焼け止めをつけて乾燥肌対策をしていきましょう。ファンデーションや化粧下地に日焼け止め効果があるものを利用するのがおすすめです
こういった乾燥から目元を守るために、蒸しタオルは効果的なんです。肌に美容液をつけるのは目元ケアで大事なんですが、蒸しタオルならば毛穴が開いた状態という最高の肌コンディションの時に美容液をつける事ができます。

 

 

目元美容液はセラミド配合で

最後に、目元美容液の選び方について紹介します。蒸しタオルで毛穴が開いた状態の時に肌に美容液を目元につけるのはいいけど、どんな美容液を選べばもっとも良いのか紹介していきたいと思います。

 

まず、歳をとったら誰もが気になるのがシワですよね。シワは乾燥からくるものなので、ここでは乾燥とシワ対応のための美容液を紹介します。その美容液とは、セラミドです。

 

セラミドも美容に興味を持っているならば言葉を聞いた事がある人も多いかと思います。
だけど、セラミドってなに?と説明できる人ばかりではないのでしょうか?そこで、セラミドについて少しだけ説明します。

 

セラミドは、肌の表面に存在する成分です。細胞と細胞の間に存在し、細胞同士を繋ぎ合わせるために水分を保持しています。それにより、隙間がない肌になって刺激が皮膚の奥へと進むのを防いでくれます。

 

他にも、ヒアルロン酸ビタミンC誘導体など、肌を保湿して美白になる成分が入っている美容液が目元にはおすすめです。

 

 

エヴァーグレース